アライン行政書士事務所

静岡市清水区にある行政書士事務所

 当事務所は建設業界に特化した行政書士事務所として、多くの建設業者様をサポートさせて頂いております。当事務所の代表行政書士は県職員として20年の公務員経験を活かし、関係する行政機関とのスムーズな交渉、書類作成等みなさまのご要望に応えるべく、みなさまに寄り添ったサポートをして参ります。これからも建設業者様へのご支援の先に「社会を支える建設業界の持続的な発展がある」という誇りをもって、より多くの建設業者様とのご縁に恵まれますことを、心より楽しみにしております。

建設業許可

 「建設業許可申請」を行政書士に代行したい方、相談・要件確認・お見積りは無料です。
 「決算変更届」「申請内容の変更届」「業種追加申請」など幅広く対応いたします。「許可の要件を満たしているかどうか知りたい」だけでも受け付けます。お気軽にご相談ください。

お客様の声

「建設業許可はむずかしいとあきらめていましたが、
全力でサポートしてくださり、本当に感謝しています。」

静岡県 景柊様

お客様にお答えいただいた内容

当事務所を知ったきっかけを教えてください。

知人の紹介

ご依頼の内容について教えてください。

建設業許可

当事務所に依頼しようとした理由について教えてください。

知人から紹介していただき、電話をした時の丁寧な対応と細かく話をして下さったので、依頼をさせていただきました。

当事務所の対応はいかがでしたか。(電話対応、処理スピード、サポートなど)

わかりやすく迅速で、申し分ない対応力で、全てスムーズでした。

当事務所に依頼した後の感想をお聞かせください。

建設業許可は難しいとあきらめていましたが、全力でサポートしてくださり、本当に感謝しています。これから先の様々な申請など、全て依頼させていただきます。

「問い合わせをすると、すぐに電話があり、
丁寧に説明してもらえるなど安心感がありました。」

静岡県 遠藤建築設計工房様

お客様にお答えいただいた内容

当事務所を知ったきっかけを教えてください。

Google検索

ご依頼の内容について教えてください。

建設業の許可申請作業

当事務所に依頼しようとした理由について教えてください。

最初はインターネットで検索して、様々なサイトを閲覧しました。その中で事務所が近く、ホームページの内容が充実していたため、問い合わせをしてみました。

当事務所の対応はいかがでしたか。(電話対応、処理スピード、サポートなど)

問い合わせをすると、すぐに電話があり、当方の状況を説明しました。会話の中で取得の可能性が高いことを教えていただき、必要事項も丁寧に説明してもらえるなど、安心感がありました。

当事務所に依頼した後の感想をお聞かせください。

申請に必要なすべての資料をそろえる作業はかなり大変で、素人ではなかなか難しいと感じました。まず訪問相談などもしていただき、さらにメールでの詳細な説明と、スピーディーな対応には安心して任せられました。お願いしてよかったと思います。

「想定外の申請業務が発生した時にも
速やかに対応してくれました。」

静岡県 木内建設株式会社様

木内建設株式会社のホームページはここをクリック

お客様にお答えいただいた内容

当事務所を知ったきっかけを教えてください。

Google検索

ご依頼の内容について教えてください。

工事で設置する現場事務所用地の農地転用申請業務

当事務所に依頼しようとした理由について教えてください。

依頼する申請業務ができる事務所であるとホームページで判断したため

当事務所の対応はいかがでしたか。(電話対応、処理スピード、サポートなど)

細かな連絡をまめにしていただき、速やかに業務を遂行していただきました。

当事務所に依頼した後の感想をお聞かせください。

想定外の申請業務が発生した時にも、速やかに対応してくれました。
今後も同様の申請業務が社内で多くあると思われますが、紹介していきたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。

「建設業許可の申請手続きに抵抗がありましたが
とても良心的に対応してもらいました。」

静岡県 章電工様

お客様にお答えいただいた内容

当事務所を知ったきっかけを教えてください。

Google検索

ご依頼の内容について教えてください。

建設業許可賞の申請代行

当事務所に依頼しようとした理由について教えてください。

他社の事務所より報酬金額を安くしてもらえました。電話対応もとても良く、依頼しようと思いました。

当事務所の対応はいかがでしたか。(電話対応、処理スピード、サポートなど)

書類に対して不慣れな自分に対してのサポートを迅速に対応をしてもらえました。

当事務所に依頼した後の感想をお聞かせください。

建設業許可の申請手続きに抵抗はありましたが、とても良心的に対応してもらい、スムーズに取得してもらいました。次回の更新時も是非お願いしたいと思います。本当にありがとうございます。

新着情報

建設業許可を取得するメリット

建設業許可の取得で得られる5つのメリット

  1. 工事の規模拡張(500万円以上の工事も可能)
  2. 受注数の増加
  3. 信用力の向上
  4. 融資の可能性の向上
  5. 公共工事への参入が可能

工事の規模拡張(500万円以上の工事も可能)

 1つめは、工事の規模を拡張することができる、というメリットです。許可を取得すると今までは受注できなかった500万円以上の工事を受注することが可能となり、受注できる工事の規模が大きくなります(ただし、建築一式工事の場合は、請負金額が1,500万円以上の工事、木造住宅で延べ面積が150㎡以上の工事、を受注することができます。なお、請負金額は消費税を含んだ金額となります。)。工事の規模が拡張できるとなると、受注件数が増え売上げの増加が期待でき、経営が安定化するなどのメリットも上げられます。

受注数の増加

 2つめは、工事の受注数の増加が見込まれる、というメリットです。元請業者は下請業者に対し、許可のいらない金額500万円未満の軽微な工事であっても、建設業許可の取得を条件として発注することが実体として多々あります。これは国土交通省が元請業者に対し、公共工事では下請、孫請業者にまで許可を取得していることを求めていることも関係しています。このため、元請業者は公共工事か否かにかかわらず、下請に発注する際は建設業許可を取得しているか否かを確認し、なるべく許可業者に発注する傾向にあります。したがって、建設業許可を取得すれば今まで受注できなかった元請からの仕事を受注する機会が増え、年間の受注数の増加が見込めます。

信用力の向上

 3つめは、事業所の信用力が向上する、というメリットです。許可を取得すると、建設業の事業者としての対外的な信用力、業界における地位が向上します。建設業の許可を取得するということは、「経営業務の管理責任者」、「専任技術者」、「財産的基礎要件」等の厳しい条件をクリアし、官公庁から建設業を経営する会社としてふさわしいと認められ、評価されたということです。つまり、国から建設業許可に関し「お墨付き」を受けた、ということです。このようなことから、建設業許可を取得すれば、事業者としての信用力は格段にアップし、発注者からの仕事の依頼も大幅に増加することでしょう。

融資成功率の向上

 4つめは、金融機関の融資が通りやすくなる、というメリットです。建設業許可を取得すると前述のとおり金融機関からの信用力が向上し、融資の成功率が大幅に向上します。上記3のメリットと関連することですが、建設業の許可を取得しているということは、建設業法で定められた経営業務の管理責任者、専任技術者等の厳しい条件をクリアし、官公庁から認められた建設業者、お墨付きを受けた建設業者ということです。このことが融資を受ける際の何よりの信用力となり、金融機関側も信用力のある許可業者への融資を積極的に行うようになります。建設業は他業種に比べ工期も長く設備投資も高額で適切なキャッシュフローが難しい業界ですので、資金調達は避けては通れない問題です。建設業許可を取得することで信用力を上げ、適切に融資を受けることが会社を継続的に発展させるために必要不可欠なことです。

公共工事への参入が可能

 5つめは、公共工事への参入が可能となる、というメリットです。公共工事の入札参加資格は、建設業許可を取得していて、かつ、経営事項審査(通称「経審」と言います。)を受けていなければなりません。そもそも、経営事項審査を受けるには建設業許可がないと受けることができない、絶対条件となっているのです。建設業許可を取得し、公共工事への参入が可能となれば、金融機関を含め取引先からの信用は大幅に増え、事業の拡大、安定化を図ることが期待できます。

建設業許可の申請を行政書士に代行するメリット

行政書士に依頼すると以下のような3つのメリットがあります。

建設業許可を新規に取得する場合、申請を行政書士に代行依頼するケースが一般的ですが、そのメリットについては以下の3つが考えられます。

01時間が節約でき本業に専念できる

 建設業許可の申請をご自身で行うこともできますが、申請には、定められた書式、必要書類が30種類以上あり、静岡県の手引きは500ページを超えるほどのボリュームがあるなど、初めて申請するには相当の労力、時間を要してしまいます。日々建設業の本業でお忙しい事業者の方にとって、申請に関する知識を習得し、必要書類を役所に行って入手して書類を作成し整える、いったいどれほどの時間が必要でしょうか。しかし、行政書士に申請を代行すれば、この問題を一気に解決することができます。

建設業許可の申請を専門としている行政書士であれば、必要書類の入手から申請書類の作成までスムーズに手続を行いますので、事業者の方は申請は行政書士に依頼し、本業に専念して頂きたいと思います。

02高い確率で取得できる

 上記にも記載しましたが、建設業許可の申請は非常に煩雑で難解な部分が多々あり、申請書を作成する際、何を記載して良いのかわからない箇所も多数でてきます。それらをなんとか記載して申請したとしても、書類の不備で補正を受ける可能性が非常に高いと言えます。補正を受け、再度必要書類を用意しようとしたが、過去の書類が用意できないなど結局許可が取得できなかった、というケースも多々あります。

しかし、行政書士に申請を依頼すれば、事前に必要な書類、記載すべき事項を熟知しておりますので補正を受ける確率は初めて申請する方に比べ格段と低くなりますし、万一補正を受けた場合であっても、直ぐに対応することが可能です。

 ただし、行政書士に依頼すれば100%許可を取得できるか、というと許可取得の条件をクリアし、それを証明する書類を用意できなければ、いくら許認可のプロである行政書士であっても許可の取得はできませんので、事前に用意できる書類等を伝え、取得できそうか否か必ず相談するようにしましょう。

03専門家に相談できる

 建設業許可を専門としている行政書士に申請を依頼することは、時間の節約、許可取得率の向上のほか、建設業許可に関する様々な問題に関し直ぐに相談できる、というメリットもあります。

建設業許可を専門に扱っている行政書士は、普段から建設業に関する数多くの手続を行っており、建設業界の知識も豊富です。建設業許可のプロである行政書士に申請を依頼することで、許可取得後の5年に一度の更新申請、役員や専任技術者等が変更となった場合の変更届出、決算期を終えた後に提出する決算変更届出などの多くの申請手続に関しても、適切なアドバイス、相談を受けることができます。

アライン行政書士事務所

官公庁の書類に精通した「元公務員」が率いる行政書士事務所

元公務員が代表を務める行政書士事務所です。

当事務所の代表は、元公務員、元県職員です。

県職員としての20年の経験を活かし、

お客様にとって常に最適なサポートをいたします。

豊富な経験からサポートします

 当事務所は「お客様によりそう」をモットーに常に親切丁寧な対応を心がけております。
建設業許可、更新、変更届等、行政手続に精通した“元県職員”の行政書士が公務員時代に培った豊富な知識、経験を活かし確実に申請、届出を行います。任せてよかった!と言われ続けることが当事務所の原動力です。

建設業許可取得支援

ワンランク上の事業ステージへ

 当事務所は多くの中小建設業者様の建設業許可取得をご支援しております。建設業許可に関する豊富な知識を持つ”元県職員”の行政書士が各事業者様ごとの状況に合わせた適切な建設業許可の申請、取得をサポートいたします。建設業許可を取得することにより、業務の拡大を図り、事業者様をワンランク上の事業ステージへご案内することをお約束いたします。

公共工事参入支援

事業者様の新たなチャレンジをフルサポート

 公共工事に参入したいけど何から手続していいかわからない!そうお困りの事業者様に元県職員で公共工事に携わった経験のある当事務所の代表が難解な書類作成から手引きに掲載されていない実務的なポイントまで事業者様をフルサポートいたします。また、継続して参入していくためには毎年度必要な手続も発生しますが、参入時のみならずその後も継続してサポートいたしますので安心してお任せください。

法人設立支援

個人事業主から法人化への様々な支援

 個人事業主から法人化、会社の設立に関し事業者様の状況に合わせて支援させて頂きます。設立時に必要な融資、事業に求められている各種許認可の取得などは、各事業者様のおかれた状況によって異なってきます。当事務所はこのようなお客様の状況を適格に分析し把握した上で、スムーズに法人化できるよう様々な方面から親切、丁寧にサポートいたします。

資金調達支援

資金調達を強力にバックアップ

 建設業者様は他業種と異なり工期が長期にわたることから、前払い費用等先行投資が多くキャッシュフローに苦労される傾向にあります。この重要課題である資金繰りに対し、様々な調達ルートをご提案し最適な資金調達の実現を目指します。融資に必要な数字で裏付けされた説得力のある資料の作成など、事業者様を適切にサポートいたします。

補助金活用支援

事業拡大への挑戦を成功に導く

 ここ数年、国をはじめとする各自治体から建設業者様も利用しやすい補助金が数多くラインナップされてきており、その中から特に利用可能な補助金についてタイミングよくご提案いたします。また、融資同様、補助金に採択される書類作りについても強力にバックアップいたします。補助金は、融資と異なり原則後払いですので、資金のキャッシュフローが重要となってきます。補助金を活用して事業拡大を成功させるためにも、キャッシュフローについても適切にサポートすることをお約束いたします。

建設業関連許認可取得支援

多方面の事業展開をトータルで支援

 建設業を継続的に発展的に事業として行うには、ドローン飛行許可、産業廃棄物収集運搬業許可、宅地建物取引業など、関連する様々な許認可の取得が必要となってきますが、当事務所にお任せいただければ、多方面に事業展開を希望される事業者様をトータルでフルサポートいたします。

その他、建設業と密接に関連する許認可申請

ドローン飛行許可

 ドローンを飛ばすためには、一部の場所を除き、ドローンの飛行許可(正式名称「無人航空機の飛行に関する許可」)が必要です。令和4年6月20日から、重量100g以上の機体が「無人航空機」の扱いに変わり、飛行許可・承認手続きを含む航空法の規制対象になりました。空撮や測量、農薬の散布など、ドローンを事業に活用したいとお考えの方は当事務所までお気軽にご相談ください。

農地転用

 農地転用とは農地に変更を加えて住宅地などの農地以外に変更することをいいます。この農地転用をするに当たって行わなければならない届出や許可が「農地法」によって定められています。農地を農地以外に転用する場合は、必ず農地法第4条又は第5条に定められた届出を行うか、許可を受けなければなりません。

特殊車両

 狭い道路に大型車を通行させたり、一定の大きさや重さを超える車を通行させるときは、道路管理者の許可等を受けるよう、「道路法」で定められています。車両の構造が特殊である車両、輸送する貨物が特殊な車両で、幅、長さ、高さ、総重量等が制限値を超えたりする車両を「特殊な車両」といい、道路を通行するには特殊車両通行許可が必要になります。初めて特殊車両の申請をされる方、お急ぎの方、特殊車両の申請を委託したい方、特殊車両についてご相談がある方は当事務所にお気軽にご相談ください。

車庫証明

 ディーラー様、個人の方、静岡県に車庫証明の申請をしたい遠方地の行政書士の先生方、ぜひ当事務所にお気軽にご相談ください。自動車の新規登録申請・移転登録申請・変更登録申請も対応可能ですので、車庫証明と合わせてご相談ください。また、書類はご自身で準備して頂き、警察署への申請のみをご依頼いただくことも可能です。

古物商許可申請

 中古品を売買するためには、都道府県公安委員会の許可を受けなければなりません。無許可で中古品の売買を行うと3年以下の懲役または100万円以下の罰金、若しくは許可取消し等の行政処分を受ける可能性があります。申請は必要書類を揃えて管轄の警察署生活安全課に行います。

融資・補助金申請など

 資金調達の様々な調達ルートをご提案し最適な資金調達の実現を目指します。融資に必要な数字で裏付けされた説得力のある資料の作成など、事業者様を適切にサポートいたします。
 補助金は、期間内に応募して申請することで支給される給付金のことで、応募する条件・要件を満たしている必要があり、補助の有無や金額については「審査」があります。行政書士は、「書類の作成・収集」、「要件を満たしているかの確認」を行います。

ご挨拶

 はじめまして、アライン行政書士事務所の代表行政書士の八木辰男と申します。私ども、アライン行政書士事務所は建設業許可に関する手続を専門とする行政書士事務所です。元公務員としての20年の豊富な知識、経験、人脈を活かし、皆様の許可申請をスムーズにサポートさせて頂きます。皆様との新しいご縁があることを心より楽しみにしております。

当事務所の特徴

公務員経験のある代表が責任を持って対応

 当事務所はご依頼頂く全ての案件を、建設分野を専門とする代表行政書士が責任を持って対応させて頂きます。代表行政書士は県職員として20年の豊富な公務員経験を活かし、関係する行政機関とのスムーズな交渉、適正な書類作成等、みなさまのご要望に応えるべく、みなさまに寄り添ったサポートすることをお約束いたします。

建設業に特化

 当事務所は建設業許可申請に特化している点が、ほかの行政書士事務所と大きく異なる点です。建設業許可の新規取得、更新から建設キャリアアップシステム(CCUS)の登録まで、建設業許可申請に関するスペシャリストとしてお客様の許可取得を確実にそして幅広くフルサポートして参ります。また、許可取得後も許可の維持管理、事業経営の課題に対しても常に最適なサービスをご提供し続けます。

迅速で親切丁寧な対応

 当事務所は迅速かつ親切丁寧な対応を何よりも心がけております。お客様からのご相談には即日で対応致しております。また、常にお客様の立場に立って考え、お客様にとって必要なサービスをご提案いたします。面談では難しい専門用語もできるだけ使わず、わかりやすい説明に心がけ、気軽に相談でき信頼されるパートナーを目指します。

事務所

事務所までのアクセス

車でお越しの場合:東名高速 清水ICから3分
バスでお越しの場合:JR東海清水駅からバスで10分
(静鉄バス4番のりば/山原梅蔭寺線 飯田小学校入口下車 徒歩0分)

お問い合わせ

 アライン行政書士事務所は建設業許可に関する手続を専門とする行政書士事務所です。当サイトでは、建設業許可をはじめとする建設業に関する各種法令、手続について、どこよりもわかりやすく丁寧に解説しています。解決しなかったお悩みや相談がありましたら、お気軽にお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。

    都道府県


    電話にてご連絡する場合の希望時間
    (例:いつでも、平日午前中、○日18:00以降など)

    (メール暗号化(SSL)によって安全に送信されます)

    (個人情報保護法に従い送信された情報は大切に保管します)